一緒に描こう、クルマの未来

未来プロジェクト室 大塚室長インタビュー VOL.1

OPEN ROAD PROJECT INNOVATION REVIEW

東京は原宿、若者文化の情報発信基地であるこの場所に、OPEN ROAD PROJECTを企画しているトヨタ自動車の「トヨタ未来プロジェクト室」はある。
ここでは日々、さまざまなイノベーション・アイデアが飛び交っているが、中心にあるのは自動車そのものではなく、モビリティの未来。
一見すると“トヨタらしくない”、このユニークな組織を牽引する大塚室長に、
未来プロジェクト室について、また室長が考えるオープンイノベーションについて語っていただいた。
東京は原宿、若者文化の情報発信基地であるこの場所に、OPEN ROAD PROJECTを企画しているトヨタ自動車の「トヨタ未来プロジェクト室」はある。ここでは日々、さまざまなイノベーション・アイデアが飛び交っているが、中心にあるのは自動車そのものではなく、モビリティの未来。一見すると“トヨタらしくない”、このユニークな組織を牽引する大塚室長に、未来プロジェクト室について、また室長が考えるオープンイノベーションについて語っていただいた。

激変する業界に対応するために、
未来について考えよう

―― 未来プロジェクト室はどんな経緯でスタートした組織なのでしょうか。

「ここ数年、自動車を取り巻く環境が激変しています。車を持たない人が増えたり、これまでまったく自動車とは無関係だった企業が業界に参入し、なによりお客様の要望も“よりパーソナルなもの”へと移行し始めました。そういった社会の変化を受け、これまでの自動車を中心としたコンセプトから、もう少し視野を広げてアイデアを出そう、外の人たちと一緒に考えることで業界の激変に対応していこうと、2012年に未来プロジェクト室が誕生しました」

profile_flow_otuka_pc大塚友美氏
トヨタ自動車株式会社
商品・事業企画部 未来プロジェクト室長
profile_flow_otuka_sp大塚友美氏
トヨタ自動車株式会社
商品・事業企画部
未来プロジェクト室長

激変する業界に対応するために、未来について考えよう

―― 未来プロジェクト室はどんな経緯でスタートした組織なのでしょうか。

「ここ数年、自動車を取り巻く環境が激変しています。車を持たない人が増えたり、これまでまったく自動車とは無関係だった企業が業界に参入し、なによりお客様の要望も“よりパーソナルなもの”へと移行し始めました。そういった社会の変化を受け、これまでの自動車を中心としたコンセプトから、もう少し視野を広げてアイデアを出そう、外の人たちと一緒に考えることで業界の激変に対応していこうと、2012年に未来プロジェクト室が誕生しました」

 

img_01_flow_otuka_pc未来プロジェクト室には外部の人たちと未来のシナリオを一緒に発想した「未来年表」がある。

 

ビジョンのないオープンイノベーション
では意味がない

ビジョンのないオープンイノベーションでは意味がない

―― 外の人と一緒に、いわゆる“オープンイノベーション”をトヨタの中で行うのは難しかったのでは?

「イノベーションについて勉強するなかで、外部の方とのアイデアを組み合わせる“オープンイノベーション”について知りました。私たちプロジェクト室のメンバーも、いろいろな企業の方と未来について何度も意見を出し合いましたが、具体的なアイデアにまではなかなか到達しませんでした。その壁を突破するきっかけとなったのは、2014年の末より動き出した、“都市の移動をもっと自由に”するOPEN ROAD PROJECTです」

プロダクトだけでは自由な移動は
実現しない

プロダクトだけでは自由な移動は実現しない

―― OPEN ROAD PROJECTはどんな経緯で立ち上がったのでしょうか?

「きっかけはコンセプトカーであるi-ROADでした。i-ROADは未来プロジェクト室のメンバー全員がすごくポテンシャルを感じている車だったのですが、まだ世に出せる段階ではないし、果たしてどうしようかと。ただ未来プロジェクト室としてプロトタイピングの経験を積み重ねていくなか、i-ROADこそプロトタイピングに向いているのではないかと思い当たったのです。まずはお客様に乗っていただいてフィードバックをもらおうという動きになったのが2014年。始めてみると大きな反響があったり、次の課題が浮かんで来たり、i-ROADを取り巻く環境が見え始めました。プロダクトだけではなく、“サービス”を含めたイノベーションを実現していかなくてはと気づいたのもこの頃です」

img_02_flow_otuka_pcキャラクターも経歴もさまざまな人が集まった未来プロジェクト室は、まさにダイバーシティそのもの。

 

―― サービスに関して外の企業の方々とアイデアを出し合ったのでしょうか。

「いえ、外の人たちと一からまったく新しいアイデアを考えるのは難しいだろうと感じていました。1000個ほどのプロジェクトを走らせれば、もしかするといくつかは成功するかもしれませんが、そこまで時間をかけることはできません。だから未来プロジェクト室として、解決したい課題に対してサービスのコアとなるアイデアを持っておこうと決めました。何でもいいから新しいことを一緒にやろうとするのではなく、自分たちが抱える課題の解決に、最適なパートナーとともに取り組むのが、私たちのオープンイノベーションだと。この方法をとったからこそ、OPEN ROAD PROJECTの取り組みの一つひとつが、それぞれしっかりと形を成していったのだと思っています」

未来プロジェクトだからできることは
山ほどある

未来プロジェクトだからできることは山ほどある

―― 未来プロジェクト室として今後これだけはやっておきたいアイデアはありますか。

「“これだけは”ではなく、なるべくたくさんのアイデアを形にしていくつもりです。やってみて発見することってとても多いので。できるだけ大小さまざまなアイデアを考え、意外な発想も“これはムダ”と切り捨てず、とにかくたくさん走らせたい。未来プロジェクト室だけに許されたせっかくのチャンスですから」

→VOL.2「資料をどれだけつくっても、未来はつくれない」に続く

TEXT BY Ryoko Sugimoto (contributor)
PHOTOGRAPHS BY Tomoyuki Kato

ISSUED : 20 January 2016

line_flow_otsuka_pc

Article Index

未来プロジェクト室 大塚室長インタビュー VOL.2 「資料をどれだけつくっても、未来はつくれない」22 January 2016

未来プロジェクト室 大塚室長インタビュー VOL.1 「一緒に描こう、クルマの未来」 20 January 2016

line_flow_otsuka_pc

line_flow_otsuka_sp

Article Index

22 January 2016

未来プロジェクト室 大塚室長インタビュー VOL.2 「資料をどれだけつくっても、未来はつくれない」

20 January 2016

未来プロジェクト室 大塚室長インタビュー VOL.1 「一緒に描こう、クルマの未来」

line_flow_otsuka_sp