Ex-Module

一瞬で、わたし仕様。

人の好みは十人十色。季節や気分でも、好みは変化する。
だからこそi-ROADは、そんな一瞬、一瞬の気持ちに寄り添い、つねに一番、居心地のいい場所でありたい。
そんな発想から、空間のカスタマイズサービス「Ex-Module」は生まれました。
ドライブをもっと楽しく、そしてあなたらしく。
Ex-Moduleと一緒なら、運転席はいつだって特等席になる。

ドライブに、美しき風情を。

光や音、風などが織りなす美しい情景。そんな胸を打つ1シーンをEx-Moduleを組み合わせて演出しませんか。
銀河鉄道の夜や、日本の夏、そんな世界観を詰め込んだら、さあ、物語のはじまり。
クルマっぽくない?でも便利なだけの機能なんて、味気ないでしょう。

Tokyo Summer

風鈴の音。耳元をすり抜ける涼やかな風。ひらひらと泳ぐ金魚の姿。
手が届きそうで、届かない、あの透明な夏の思い出。

  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Breeze
  • Breeze
  • Wind
  • Wind
  • Drink
  • Thermo
  • FuRin
  • Fish

Galaxy Express

出発地は地球。目的地はわし座のアルタイル。
北斗七星をすり抜け、ただひたすらにまっすぐ。
「銀河鉄道の夜」の世界観をi-ROADに詰め込んで。さあ、出発。

  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Aroma
  • Stellar
  • Compass
  • Sound

Nomad

遊牧民のように、自分だけの快適を求めて北へ、南へ、西へ、東へ。
大切なのは目的地じゃない。自由な移動そのものに価値がある。

  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Light
  • Wind
  • Wind
  • Sound
  • Drink
  • Aroma
  • Vase
  • Power

ワンタッチで「究極の個室」へ。

Ex-Moduleの四角い形は、スマートフォンのアプリをイメージ。
アプリのように、お気に入りをパッと取りこむ感覚で、自由に空間をつくって欲しいという想いが込められている。
操作もiPhoneで簡単に。この気軽さ、おそらく想像以上。

光になり、風になり、音になる。

「Light」「Wind」「Sound」の3つをはじめ、Ex-Moduleはアイデア次第で何にだってなれる。
ドリンクホルダーやアロマポット、バッテリーにもなれる。水槽にだってなれるかも。
つまりEx-Moduleの可能性は無限大。あなたのお気に入りにも応えられるはず。

  • Light

    走行データに合わせてモジュールが交互に光ったり、明るさが変わったり。夜のドライブを盛り上げるあなただけのイルミネーション。

  • Wind

    運転席の手前に取り付ける、優しい風が心地よい送風機。夏のドライブに欠かせないアイテムだ。

  • Sound

    スピードやカーブ、またシチュエーションなどに合わせて走行音が変化する。もちろんミュージックプレーヤーとつなげて好きな音楽を聞くことも可能。

  • Aroma

    気分やシチュエーションに合わせて、香りを運転席にプラス。運転席をあなただけのリラックス空間に。

  • Drink

    Ex-Moduleはドリンクホルダーにも。お気に入りのカフェのテイクアウトと一緒に楽しいドライブをどうぞ。

  • Power

    長時間ドライブの日は、iPhoneなどのモバイルを充電できるPowerをオン。どこまででも走っていけそうな気分。

必要なとき、必要なだけ。

Ex-Moduleは、取り付けも起動もカンタン。
i-ROADの差込口にEx-Moduleを装着したら、あとはライトの明るさも、サウンドの音量も、すべてアプリでサクサク操作しよう。

アプリを立ち上げると、起動中のMagic Boxがひと目で分かる。

アイコンをタップしてLightの明るさ、Windの風量、Soundの音量を調節。

Lightは自動スイッチをONにすると走行データと連動して色合いが変化。その他、カラーパターンもいろいろ。

カワイイ顔して最先端。

Ex-ModuleはiPhoneをハブにすることで、インターネットを介して情報をやり取りするIoT(Internet of Things)を採用している。だから現在地や時間帯、気温などネット上のさまざまな情報を認識。暑いと判断して風鈴の音を流したり、夜と判断してライトを灯したり。Ex-Moduleはその日、その時、その気持ちにぴったりのドライブ空間を自動で演出してくれる。

Ex-ModuleはiPhoneをハブにすることで、
インターネットを介して情報をやり取りする
IoT(Internet of Things)を採用している。
だから現在地や時間帯、気温など
ネット上のさまざまな情報を認識。
暑いと判断して風鈴の音を流したり、
夜と判断してライトを灯したり。
Ex-Moduleはその日、その時、
その気持ちにぴったりのドライブ空間を
自動で演出してくれる。

未来にはEx-Moduleストアがきっと。

たとえばEx-Moduleストアなんてどうだろう。
気分やシチュエーションに合わせて、車内空間が選べる、そんな未来。
とことん自分好みを探しに行くのはもちろん、
ドライブ前に親子で立ち寄ってもきっと楽しい。
あなたがつくったEx-Moduleをストアに置くことだってできるかも。