ROAD KITCHEN

欲しいデザインは、自分でつくる。

都市の移動は、人に見られる機会が多い。
それならば、もっと自由に、もっと自分らしくデザインを楽しめないか。
そんな想いから生まれたのが、i-ROADのエクステリアパーツやアクセサリーを
自分でつくってしまおうというアイデアです。
自慢のデザインで都市の中をスイスイ駆け抜ける。そんな未来、ちょっとワクワクしませんか。

3Dプリンターでカスタマイズ。

3Dプリンターでつくることができるのは、フロントパーツとドリンクホルダーの2種類。
エクステリアのデザインとカラーにより、印象は大きく変わります。
デジタルファブリケーションの進化は、ユーザーがものづくりにかかわる新たな可能性を感じさせてくれます。
次はあなたがとっておきのi-ROADに出会う番です。

描いた想いを、カタチに。

あなたが選んだデザインを専門スタッフが3Dデータ化し、3Dプリンターで造形。
時間から数十時間をかけて造形したパーツを、最後は人の手で丁寧に仕上げます。
そして、デザイン、色つや、質感すべてがそろった特別なパーツが、みなさまのお手元に届きます。

人それぞれ、
好きなデザインは違うもの。

3Dカスタマイズは、専用のWEBサイトから簡単に。
フロントパーツは3種類のデザインと
11色のカラーバリエーションから。
そしてドリンクホルダーは7種類のデザインと
9色のカラーバリエーションから、
それぞれ自由に組み合わせてつくることができます。
イニシャルなどを加えることも可能です。

オリジナルをつくる4ステップ

1. デザインを3Dデータ化

Make 3D Data

2. 3Dプリント

Print 3D Data

3. 仕上げ加工・着色

Finish machining / Coloring

4. 取付け

Mounting

街いっぱいに
デザインを咲かせよう。

近い将来、3Dプリンターがもっと身近な存在になり、
さらに自由な発想でi-ROADをカスタマイズできるようになるでしょう。
あなたの描いた絵がそのままパーツになったり、
人気デザイナーのオリジナルのパーツが生まれたり。
みんなでオリジナルパーツをつくるワークショップだってできるかも。
未来は個性溢れるi-ROADが街いっぱいに並びそうです。