充電環境の変化でi-ROADはより魅力的に!
第1期パイロットと街中のSMILE LOCKを訪ねてみた

PROTOTYPING REPORT

都市の移動を自由にするために、東京を舞台に様々な取り組みを行ってきた「OPEN ROAD PROJECT」。
パイロットの「気づき」をもとに生まれた、街中のコンセントをシェアする画期的なデバイス「SMILE LOCK」により、
都市の充電環境はどのように変化していくのだろうか?
第1期パイロットの田代さんに、プロジェクトの進化を体験してもらった。
都市の移動を自由にするために、東京を舞台に様々な取り組みを行ってきた「OPEN ROAD PROJECT」。パイロットの「気づき」をもとに生まれた、街中のコンセントをシェアする画期的なデバイス「SMILE LOCK」により、都市の充電環境はどのように変化していくのだろうか?第1期パイロットの田代さんに、プロジェクトの進化を体験してもらった。

OPEN ROAD PROJECTではこれまで、試乗パイロットの「気づき」を大事にしてきた。つくり手側からは見えなかった利点や改善点に着目することで、i-ROADでの移動体験がより豊かなものになり得るからだ。

プロジェクトスタート時から、「小回りがきき、出かけようという気持ちになる」などポジティブな声が届く一方で、多くのパイロットから問題点として挙がっていたのが「充電スペースの不足」だ。第1期パイロットの田代さんもその1人。2015年に実施したインタビューで「充電可能な駐車場を探す苦労」について語っていた。

こうした声に応えようと開発されたのが、街中のコンセントをシェアするという新発想のデバイス「SMILE LOCK」だ。ビルのスキマや民家の軒先などでこまめにi-ROADを充電できるようになれば、都市の移動はどれほど快適になるだろうか。今回は田代さんと一緒に、街のさまざまな場所にあるSMILE LOCK付きSmall Space Parking(SSP)を訪問してみた。

img_flow_useSmileLock_01

img_flow_useSmileLock_02

img_flow_useSmileLock_03

img_flow_useSmileLock_01

img_flow_useSmileLock_02

img_flow_useSmileLock_03

道路からすぐに入れるスペースで手軽に充電できる

道路からすぐに入れるスペースで手軽に充電できる

第1期の公募で選ばれた試乗パイロットである田代さんは、試乗期間中、東京・品川の自宅から自身が代表を務めるデザイン事務所への移動にi-ROADをよく利用していたそうだ。今回のツアーは、恵比寿にある田代さんのオフィスからスタート。黒い壁を背景に、白いi-ROADがよく映える。i-ROADと対面した田代さんは「久しぶりに我が子と会ったような感じ」と嬉しそうな表情を見せてくれた。

img_flow_useSmileLock_04

最初に向かった先は、i-ROAD駐車スペースオーナー公募で選ばれた白金台の住宅街のなかにあるSmall Space Parking。民家の軒先で充電できることに、「試乗していたとき、こういう場所に停められたら便利だと思っていました」と田代さんも感激したようす。SMILE LOCKを見たのは初めてだったものの、「中央部がまるく点灯していて特徴的だったのですぐに分かった」という。さっそくスマートフォン(スマホ)のアプリで予約を行い、駐車スペースをキープする。「都心の駐車場で充電しようと思うと、チケットを取る手間がかかったり、奥まった場所しか空いていなかったりして、時間がないときは焦ります。道路からすぐに入れる民家の軒先で、サッと充電できるのはいいですね」

続いて訪れたのは、渋谷。繁華街の中心にあるSmall Space Parkingにi-ROADを駐車し、「充電している間に映画を見たり、ギャラリーを回ったりできますね」と田代さんも使い勝手のよさに納得。田代さんは普段から東急Bunkamura周辺や松濤エリアにあるギャラリーを訪れることが多いといい、まさにうってつけの駐車スペースだろう。

最後に訪れたのは、代官山のコワーキングスペース「co-lab」だ。1階の駐輪場にSMILE LOCKが設置してあり、ここでi-ROADを充電することができる。充電がフルになるまでの間、2階にあるカフェで、田代さんにSMILE LOCKを使ってみた感想をお聞きした。

img_flow_useSmileLock_05

img_flow_useSmileLock_06

img_flow_useSmileLock_07

img_flow_useSmileLock_05

img_flow_useSmileLock_06

img_flow_useSmileLock_07

img_flow_useSmileLock_08

img_flow_useSmileLock_09

充電問題の解決でi-ROADの魅力もアップ!

充電問題の解決でi-ROADの魅力もアップ!

―― SMILE LOCKを使ってみて、どんな感想を持ちましたか。

スマホのアプリで簡単に予約できるのがいいですね。デザインもすっきりとしていて、未来のデバイスを操作しているという感覚でした。

―― 民家に設置されたSMILE LOCKに驚かれていましたね。

仕事の打ち合わせで銀座や日本橋などに行くことが多いのですが、通り道の住宅街には充電スペースが少なく、i-ROADで向かうときはちょっとドキドキしていたんですね。「もしかしたら会社まで戻れないかもしれない」と充電残量が不安になったときでも、今回のように民家の軒先でサッと充電できれば、安心して運転できます。

―― 気になっていた「充電問題」は解消されそうでしょうか。

試乗期間にi-ROADを運転していたときは、常に充電を気にして走っていました。EVなので、アクセルの踏み方ひとつで充電の減りが変わってきます。なるべく目盛りが減らないように気を遣って運転していましたが、SMILE LOCKによって充電スペースが増えればこまめに充電できますよね。打ち合わせや食事の際に近くの充電スペースを予約すれば、時間を有効活用することもできそうです。

―― 試乗期間と比べてi-ROADの印象は変わりましたか。

一番の不安材料だった充電環境が改善されて、i-ROADの魅力も一段と増したように感じます。久しぶりにi-ROADと対面したらやっぱり愛着がわきましたし、できれば所有したいなと思いましたね。

充電問題の解決でi-ROADの魅力もアップ!

充電問題の解決でi-ROADの魅力もアップ!

―― SMILE LOCKを使ってみて、どんな感想を持ちましたか。

スマホのアプリで簡単に予約できるのがいいですね。デザインもすっきりとしていて、未来のデバイスを操作しているという感覚でした。

―― 民家に設置されたSMILE LOCKに驚かれていましたね。

仕事の打ち合わせで銀座や日本橋などに行くことが多いのですが、通り道の住宅街には充電スペースが少なく、i-ROADで向かうときはちょっとドキドキしていたんですね。「もしかしたら会社まで戻れないかもしれない」と充電残量が不安になったときでも、今回のように民家の軒先でサッと充電できれば、安心して運転できます。

―― 気になっていた「充電問題」は解消されそうでしょうか。

試乗期間にi-ROADを運転していたときは、常に充電を気にして走っていました。EVなので、アクセルの踏み方ひとつで充電の減りが変わってきます。なるべく目盛りが減らないように気を遣って運転していましたが、SMILE LOCKによって充電スペースが増えればこまめに充電できますよね。打ち合わせや食事の際に近くの充電スペースを予約すれば、時間を有効活用することもできそうです。

―― 試乗期間と比べてi-ROADの印象は変わりましたか。

一番の不安材料だった充電環境が改善されて、i-ROADの魅力も一段と増したように感じます。久しぶりにi-ROADと対面したらやっぱり愛着がわきましたし、できれば所有したいなと思いましたね。

img_flow_useSmileLock_08

img_flow_useSmileLock_09

安心して移動できる都市を、
協力してつくり上げる

安心して移動できる都市を、協力してつくり上げる

携帯電話やさまざまなデバイスが普及したことにより、私たちの生活は便利になった。一方で、充電に気を使わなくてはいけないという新たな課題も発生している。鞄の中に予備バッテリーを携帯している人も少なくないだろう。

SMILE LOCKは、そんな都市の課題を解決する可能性のあるデバイスだ。「充電環境の変化により、i-ROADの魅力も一段と増したように感じた」と田代さんが話していた通り、多くの場所で自由に充電することができるようになれば、i-ROADはパイロットにとって一層魅力的で便利なモビリティになるに違いない。さらに、SMILE LOCKを活用する協力の輪が広がることで、「快適に移動できる都市」がより早く実現することだろう。

TEXT BY Yui Sato(contributor)
PHOTOGRAPHS BY Tomoyuki Kato

01 May 2017

img_flow_useSmileLock_10

SMILE LOCK
電気をシェアするための認証型コンセント
http://openroad-project.com/prototyping/smile-lock