OPEN ROAD SUPPORTERS 01

OPEN ROAD SUPPORTERS

都市の移動を、もっと自由に。
OPEN ROAD PROJECTでは、i-ROADの企画・開発に留まらず、一般の方々、スタートアップ、大手企業まで、
さまざまな人たちとのコラボレーションの試みを積極的に展開している。
それぞれの立場、それぞれの意志で、このプロジェクトの理念に共有し、ご協力いただいた人々の輪。
感謝の気持ちを込めながら、彼らの率直な感想や発見、新たなビジョンをご紹介していく。

 

supporters_sub01

OPEN ROAD PROJECTは、じつにさまざまな人々の協力によって成り立っている。
例えば、プロトタイプの「Small Space Parking」もその一つだ。

駐車スペースが不足している都市においても、小さなスペースはあふれている。
今回は、そんな都内の狭小スペースや使われていない場所をi-ROADの駐車スペースにする試み、「Small Space Parking」に協力いただいた方から、2組をフィーチャー。
協力を決めた経緯から、i-ROAD試乗パイロットたちとの交流、新たな視点や発見まで。単刀直入にお話をうかがった。

supporters_sub02co-lab代官山のほか、さまざまなワークショップなどを開催するイベントスペースや、家族連れにも入りやすいカフェなどが併設された「SodaCCo」の全景。そのコンセプトは「子どもとクリエイターの『育つ』が出会う、みんなのビル」。1階の正面、木々の左側にi-ROADの駐車&充電スペースが設置されている。
・co-lab代官山
 東京都渋谷区代官山町9-10
 TEL. 03-6452-5300 (co-lab代官山 コンシェルジュ)
 http://co-lab.jp/locations/daikanyama/about_daikanyama

渋谷・並木橋と代官山駅のちょうど中間に位置する好立地に、2015年2月にオープンを果たした「co-lab代官山」。
渋谷、西麻布、千駄ヶ谷、二子玉川などに拠点を展開するシェアオフィス「co-lab」の中でも、代官山のコンセプトは「子どものクリエイティブ教育をテーマにしたクリエイターのためのシェアオフィス」。
チーフ・コミュニティ・マネージャーの佐藤千秋さんは、ご自身も2児の母にして、入居クリエイターたちのよき相談役を務めている。

「co-labは単なるシェアオフィスではなく、“街とつながる場”を目標にしています。街とクリエイターがつながることで、街そのものが変わっていく。i-ROADの試乗パイロットの方々がここに立ち寄ってくださることで、そのつながりがもっと自由に広がっていくはず。楽しみですね」

supporters_sub03

青山3丁目の交差点にほど近い外苑西通り沿いに建つ、目を惹く朱色の立派な山門。その奥には、きれいに掃き清められた参道兼駐車場が。
ここは、江戸時代に建立された禅宗のお寺、海蔵寺(かいぞうじ)。

「i-ROAD用の駐車スペース提供のお話をうかがって、『何かのお役に立てるなら』とお返事しました」と語るのは、ご住職の海野和之さん。
「試乗パイロットの方が休憩しているところに通りかかって、お茶とお菓子をお出ししたことも。これも何かのご縁ですから、ぜひ気軽にお越しいただければ嬉しいですね」

supporters_sub04海蔵寺の由緒は江戸時代の寛文11年(1671年)、日本の3禅宗のひとつ黄檗宗(おうばくしゅう)の寺として、鉄眼道光禅師によって開創された海蔵庵に遡る。 表通りから山門を一歩くぐれば、外の喧噪が嘘のように穏やかな参道が広がる。4階建ての本堂の1階、
i-ROADの駐車&充電スペースの前に置かれた椅子を拝借して、充電中しばしの休憩を。
・海蔵寺(かいぞうじ)
 東京都港区北青山2-12-29
 TEL. 03-3408-4865

今回の取材を通して、見えてきたこと。それは、スペース不足が常態化している都市の真ん中で、i-ROADの駐車用に小さなスペースを提供してくれた人々と試乗パイロットたちとの間に、新たなコミュニケーションが生まれているということだった。

狭小スペースをはじめ、これまで有効活用されていなかった土地を貸し出すことで、i-ROADの試乗パイロットにはもちろんのこと、土地の所有者にもメリットが生まれる。
さらに、この取り組みの目的意識や感触を共有することで、異なる立場の人々の間にコミュニケーションが育まれ、気付きや共感の輪が広がっていく。

それは、一人ひとりにとってみれば、ごく小さな気付きかもしれない。しかし、それが新たな発見や知見として共有されていくことで、都市を取り巻く人々の意識にも、変化の兆しが見えてくることだろう。

 

試乗パイロット、引き続き募集中

さまざまな人々の想いに支えられ、i-ROAD試乗パイロットたちは1カ月の試乗期間を
過ごしていく。
なお、試乗パイロットは2016年夏にかけての1年の間に、合計8期を募集。
引き続き、本Webサイト「試乗パイロットについて」から応募可能だ。
トヨタというメーカーと、生活者であるユーザー、双方の知見を融合させ、
新たな集合知を描き出す試み。
一人ひとりの体験から始まるイノベーションに、ぜひご参加を!

TEXT BY Keita Fukasawa (contributor)
PHOTOGRAPHS BY Eiji Fukasaku

ISSUED : 9 Nobember 2015