「Pilot Meeting」レポート

試乗パイロット

2015年にプロジェクトがスタートしてから1年、これまで参加してきた試乗パイロット達の数は、第1期から第8期までで96名。
そこで1年という節目となるこのタイミングに、歴代パイロット達を集めた「Pilot Meeting」を開催した。
2015年にプロジェクトがスタートしてから1年、これまで参加してきた試乗パイロット達の数は、第1期から第8期までで96名。そこで1年という節目となるこのタイミングに、歴代パイロット達を集めた「Pilot Meeting」を開催した。

2016年7月10日、“i-ROADとの未来”を報告しあってきた歴代の試乗パイロットたちが一堂に会する「Pilot Meeting」が開催された。原宿駅近くの某所にパイロット達やその家族が姿を見せると、久しぶりに触れるi-ROADを懐かしむ声や、再会したパイロット同士の会話で会場はすぐに賑やかな雰囲気になっていった。

 

img_flow_pilotMTG_01

img_flow_pilotMTG_02

img_flow_pilotMTG_03

img_flow_pilotMTG_01

img_flow_pilotMTG_02

img_flow_pilotMTG_03

 

まずは、トヨタ自動車未来プロジェクト室メンバーからの挨拶でスタート。

初披露となった1年間の活動をまとめたプロジェクト報告映像に、パイロットやスタッフからは自然と拍手と笑顔が湧きあがる。最もi-ROADを活用したパイロットはなんと月間1,000km以上を走行。この移動距離には参加者たちから歓声があがった。

 

img_flow_pilotMTG_04

img_flow_pilotMTG_05

img_flow_pilotMTG_06

img_flow_pilotMTG_04

img_flow_pilotMTG_05

img_flow_pilotMTG_06

 

歓談時間になると、会場内に展示されたi-ROADやプロトタイプ展示コーナーにパイロット達が集まっていく。初めて目にするプロトタイプをまじまじと眺め、事務局スタッフへ熱心に質問をするパイロットの姿も。説明をするスタッフも自然と熱がこもっていた。

 

img_flow_pilotMTG_07

img_flow_pilotMTG_08

img_flow_pilotMTG_09

img_flow_pilotMTG_07

img_flow_pilotMTG_08

img_flow_pilotMTG_09

 

会場の外では、i-ROADの試乗会を実施。久しぶりにi-ROADのハンドルを握って走行するパイロット達の顔にはとびきりの笑顔が溢れる。なかには初めて乗る2人乗りi-ROADに、興奮を隠しきれない様子の子供たちも。その姿を見たスタッフからは笑顔が溢れていた。

会場内を見渡せば、そこかしこでパイロットとプロジェクトメンバーが入り混じり、輪となってi-ROADやプロジェクトへの想いを語り合っている。そんな熱気に包まれた空気が閉会の時間まで途切れる事なく続いた。

 

img_flow_pilotMTG_10

あっという間に閉会の時間を迎えても尚、軒先のi-ROADを囲みながら会話が尽きない。そんな熱気と愛情に溢れたままに、第1期から第8期までの試乗パイロットたちが集う「Pilot Meeting」は幕を閉じた。

東京という過密都市を舞台に、未来への扉を開く試みとしてスタートしたプロジェクト。この日集まった総勢96名のパイロット達の表情やコメントから感じたのは、i-ROADのプロダクトとしての魅力だけでなく、さまざまな新しいサービスがもたらす、i-ROADのある未来の生活の可能性。移動を起点とし、人々の生活はより楽しく、豊かなものに変わっていくのだ。私たちがパイロット達を通じて見たのは、やがて来る都市の未来の姿だろう。

ISSUED : 30 August 2016