都市をつくる企業との連携で移動の未来はどう変わる?
森ビル社員がi-ROAD試乗パイロットに参加!

試乗パイロット

東京を舞台に様々な取り組みを行ってきた「OPEN ROAD PROJECT」。
プロジェクトスタート時から、六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズ、アークヒルズの駐車スペースや充電環境の提供を通して、本プロジェクトに協力してくれている森ビル。
この度、都市を創り、都市を育む森ビルの社員が、業務上の移動などにi-ROADを活用する取り組みがスタートした。
東京を舞台に様々な取り組みを行ってきた「OPEN ROAD PROJECT」。プロジェクトスタート時から、六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズ、アークヒルズの駐車スペースや充電環境の提供を通して、本プロジェクトに協力してくれている森ビル。この度、都市を創り、都市を育む森ビルの社員が、業務上の移動などにi-ROADを活用する取り組みがスタートした。

当然のことながら、都市の移動は自動車メーカーだけの課題ではない。「都市をつくる」企業にとっても共通の課題であり、移動の変化が都市の未来の形に直結すると認識している企業が数多くある。

その一つが森ビルだ。同社はこれまで、「都市のモビリティのあり方」が、未来の都市のライフスタイルを考える上で重要な要素であると発信し続けてきた。

たとえば、森ビルが主催する都市の未来を考える国際会議「Innovative City Forum 2016」では、「人はなぜ、どのように移動するのか?」をテーマとしたプログラムを用意。シェアリングエコノミーや自動運転の進展などによる未来の移動の形、それらが都市にもたらす変化について議論するなど、活発な意見交換や情報発信の場を設けている。

img_flow_moribldg_01

img_flow_moribldg_02

img_flow_moribldg_03

img_flow_moribldg_01

img_flow_moribldg_02

img_flow_moribldg_03

森ビルではこうした取り組みを背景に、「OPEN ROAD PROJECT」第1弾から六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズ、アークヒルズなどで駐車スペースを提供してきた。それらのスペースを引き続き提供しつつ、第2弾では森ビルの社員が試乗パイロットとしても参加することになった。都心部に複数のオフィスや商業施設を持つ森ビルの社員が、施設間の業務上の移動などにi-ROADを活用し、都市づくりのプロフェッショナルの目線から、共同利用のニーズ・受容性を検証する。

img_flow_moribldg_04

img_flow_moribldg_05

img_flow_moribldg_04

img_flow_moribldg_05

都市が抱える課題の解決策を模索する企業同士が連携することで、どんな未来の姿が見えてくるのだろうか。

img_flow_moribldg_06

img_flow_moribldg_07

img_flow_moribldg_08

img_flow_moribldg_06

img_flow_moribldg_07

img_flow_moribldg_08

TEXT BY Yui Sato (contributor)
PHOTOGRAPHS BY Yuta Nishida

ISSUED : 07 April 2017