第4期i-ROAD試乗パイロット、搭乗スタート!

試乗パイロット

トヨタ発、“都市の移動をもっと自由にする”モビリティ「i-ROAD」と、一般公募から選ばれたパイロットたちが、東京という巨大都市を舞台に未来への扉を開く試み。
多忙な日々の合間を縫って散歩の足代わりに利用したり、都庁の前で外国の方々と交流するなど、さまざまな発見や報告を残してくれた第3期試乗パイロットたちに続いて、新たに搭乗を控えた第4期試乗パイロットたちの講習会が実施された。

11 月 14日、東京・八王子の「トヨタ東京デザイン研究所」に集合したのは、親子連れを含む多種多様な顔ぶれ。
あいにくの雨の中、車両の操作方法や駐車アプリなどについての説明を経てi-ROADに乗り込むと、その独特の感覚に驚きの声があがった。

yonki_sub01小雨の中、ワイパーを作動させながらi-ROADを操る試乗パイロットたち。ボディカラーがいつもにも増して鮮やかに映える

yonki_sub02スピードを出してのリーンなど、感じたことのない走行感覚を楽しむ試乗パイロットたち。濡れていても、3輪がしっかりと路面をつかみ走行中の不安は感じない

 

yonki_sub03後輪でステアリングする独特のフィーリングを体感しながら、駐車の仕方を練習する試乗パイロットたち

 

 

構内コースでのオーバル走行や縦列駐車体験を経て、最後には初めて一般道を走行。
彼ら第4期試乗パイロットたちの i-ROAD 体験が、11月21日からおよそ1カ月に渡って幕を開ける。

そのくわしい内容や、彼らが切り拓いていく新しい眺めを、続報にてお届けしていきたい。

 

試乗パイロット、引き続き募集中

なお、試乗パイロットは2016年夏にかけての1年の間に、合計8期を募集。
引き続き、本Webサイト「試乗パイロットについて」から応募可能だ。
トヨタというメーカーと、生活者であるユーザー、双方の知見を融合させ、
新たな集合知を描き出す試み。
一人ひとりの体験から始まるイノベーションに、ぜひご参加を!

 

ISSUED : 26 November 2015